株の情報はどこで仕入れる?

株の情報を仕入れる場合は、幅広く入手を心掛けて、情報源を偏らせない事が大切です。
また、リアルタイムの株情報を重視しても、十分に必要なヒントが仕入れられるとは限らないといえます。
株には正確性が不可欠ですが、用途に合わせてリアルタイム性を求める使い分けも必要です。

長期の投資家は、提供される速さよりも正確さに重きを置き、同時に幅広く状況を把握する為のヒントを集めようとします。
具体的には、テレビや新聞といった一般的なメディアを中心に、ネットは参考情報の一つと考えて、どれかに比重を置かない点が特徴です。

一方、日々の株価変動で利益を求めるデイトレーダーは、情報に速度とネット取引の親和性を求めています。
ネットで手に入る情報は、過去のメディアよりも速度面で有利なので、株価の変動を表すグラフを提供するサイトが活用されます。
更には、株取引を行う証券会社が提供する機能も、現在の株式市場を把握する為に役立ちます。
数値に関する情報であったり、頻繁に変動する内容に限れば、デイトレーダーにとってネットの方が便利です。

しかし、株の価値を左右する要素は数値だけでなく、企業が発表する内容や関連性の高いニュースも影響します。
つまり、現状と今後の変化を想定したいのであれば、幅広い情報源から予測に役立つヒントを得る事が効果的です。
ライバルが情報を得る方法を考えれば、自ずと同様の内容を知る必要性に気が付いたり、広範囲から均等に集める重要性が分かります。
新聞の購読を考える場合は、一般紙と経済誌を複数、テレビはニュースを中心に見る事、ネットはリアルタイム性の高い話題を中心に集める事がおすすめです。
後は情報に重みを付けて優先度を決めたり、組み合わせ方や重視する情報源を導き出す事によって、取引の判断材料集めが有利になります。