株と経理と仲介について

株については、投資信託などを通して、購入をすることなどが多く、その場合には、仲介業者である銀行や郵便局の経理を通して、株などを購入することになります。

直接的に株を、ご自身で購入する場合には、ネットバンキングなどを開き、そこから希望する会社の株などを購入し、利益などを得たりするものです。
このような個人的に株をご自身で購入する場合には、よほどに知識がないと、かなりリスクが高いとされています。
なぜかというと、株の世界については、経済について流通、知識が豊富な人ですら、破産することがとても大きいものです。
素人の場合には、そもそも、どのような株を購入すればいいのか?このようなことすら検討がつきません。
そのため、銀行や郵便局などのような仲介の金融機関を通して購入などを行い、またネットバンキングなどを開設しなくても、上記のような仲介業者に任せておけば、投資信託などで、自分の資産の運用などを行うことが出来ます。

また、このような仲介業者に依頼をすることのメリットとしては、基本的に素人である社員は、株の販売、投資信託の販売を一切禁止されています。
銀行に入社し、しっかりとこのような投資信託などの仕組み、メリットやデメリットについて講習や試験、難関な試験を突破した、証券外務員の資格を持っている人のみしか、投資信託などの販売、及び説明などは、一切出来ないことになっています。

このように厳選された人しか関わることが出来ないため、いくら仲介業者に窓口の人にこのような投資信託について尋ねても、その人がしっかりとした知識と、上記のような資格を持っていない場合には、説明などを行うことは一切禁止されているのです。